痛くない親知らずの抜歯|鶴見の歯医者|鶴見あさがお歯科

  • キッズコーナー完備
  • 駐車場・駐輪場あり
  • 車イス・ベビーカーでの通院・土足OK
  • 横浜市歯科医師会会員/鶴見区歯科医師会会員

診療時間

24hネット予約

  • 訪問歯科診療も随時受け付けております
  • 045-642-8378
  • 横浜市鶴見区中央3丁目15-30 LICOPA鶴見2F

痛くない親知らずの抜歯

痛み・リスクを抑えた親知らずの抜歯を心がけております

親知らずの抜歯

鶴見あさがお歯科では、天然歯をできるだけ抜かないことをモットーに診療を行っており、抜歯される歯の代名詞である「親知らず」についても、状態をお調べし、抜歯・保存の適切な診断を実施しております。また、抜歯となった際も、患者さまが不安なく処置を受けられるよう、リスクや痛みを抑えた低侵襲な抜歯を心がけておりますので、現在、親知らずに違和感がある方や親知らずの状態が気になる方は、ぜひ一度当院にご相談ください。

親知らずの移植で咬み合わせを回復することも可能です

親知らずの移植

トラブルを起こしやすい親知らずは抜歯されることが多い歯です。しかし、親知らずが健康な状態でまっすぐ生えている場合には、将来的に歯を失った際に、下記のような活用方法によって咬み合わせを回復することも可能です。

移植などの治療法はご自身の天然歯を活用する方法ですので、インプラントや入れ歯などの人工物に比べて馴染みが良く、特別なケアなども必要ありません。鶴見あさがお歯科では、親知らずの移植は行っていませんが、上記のような活用法も考慮し、問題のない親知らずについては保存をおすすめしております。

抜歯を推奨する親知らずの状態について

鶴見あさがお歯科では、親知らずを含め、できるだけ天然歯を抜かない方針で診療を行っております。しかし、口腔内環境に悪影響が及ぶ可能性の高い下記のような親知らずについては、抜歯を推奨いたします。

虫歯・歯周病になっている

虫歯・歯周病

親知らずはお口の1番奥にあるため、歯磨きなどのケアが難しく、虫歯や歯周病になりやすいという特徴があります。さらに、一度虫歯や歯周病になると治療しても再発する可能性が高いため、その他の歯に悪影響が及ぶ前に抜歯をおすすめいたします。

前方の歯を押している

前方の歯

横向きに生えている親知らずは、成長するにつれて少しずつ前方の歯を押すようになります。継続的に押された前方の歯は少しずつ移動し、将来的に歯並びや咬み合わせが悪くなる可能性が高くなるため、できるだけ早めに抜歯をおすすめいたします。

慢性的な炎症が起こる

炎症

親知らずの一部しか露出していない場合は、歯茎との隙間に汚れが蓄積し、細菌の繁殖によって炎症が生じやすくなります。親知らず周辺に起こる炎症は「智歯周囲炎」といい、症状が悪化すると、痛みや腫れをはじめ、発熱や頭痛、開口障害などを伴う可能性があります。そのため、慢性的に炎症が起こる場合は抜歯をおすすめいたします。

対となる親知らずが生えてこない

対となる親知らず

歯は上下の歯が咬み合うことによって、均衡を保っています。しかし、何らかの理由でどちらか一方の親知らずが生えてこない、または元々ない場合は生えている方の親知らずがどんどん伸び、反対側の歯茎を傷つけてしまいます。そのため、対となる歯がない場合には抜歯をおすすめいたします。

女性は妊娠前に親知らずの抜歯をおすすめいたします

女性は妊娠すると、ホルモンバランスの影響によって口腔内環境が変化し、親知らずが急に痛み出すことがあります。妊娠中はお腹の赤ちゃんの健康状態を考慮し、レントゲンや麻酔注射、鎮痛剤や抗生物質の服用などを控えていただく場合もございます。そのため、将来的にトラブルが起こりそうな親知らずがある場合には、できるだけ妊娠前の抜歯をおすすめしております。

親知らずの抜歯に伴う痛み・リスクを抑えるための対策

親知らずの抜歯は多くの方が「痛い・怖い」といったイメージを抱いていると思います。そのため当院では、できるだけ不安な気持ちを抑え、親知らずの抜歯を受けていただけるよう、下記の対策によって抜歯に伴う痛みやリスクの軽減に努めております。

CTによる精密検査の実施

CT

歯茎の中に埋まっていたり、歯根の形状が特殊だったりなど、難抜歯が予想される親知らずの場合には、必要に応じて歯科用CTによる精密検査を実施いたします。親知らずの状態はもちろん、周辺の神経や血管などの位置や状態をしっかりと把握し、適切な抜歯を実施いたします。

抜歯時の痛みの緩和

痛みの緩和

親知らずを抜く際は、事前に局所麻酔を行いますので、痛みを感じることはほとんどありません。さらに、当院では患者さまに負担なく治療を受けていただけるよう、表面麻酔の実施や極細針の使用など、麻酔注射の痛みの緩和もしっかりと行っております。

痛みに配慮した歯科治療ページへ>>

スムーズな抜歯で侵襲を軽減

レントゲン写真

親知らず抜歯後の痛みや腫れは、抜歯にかかった時間に比例します。当院では、少しでも抜歯後の痛みや腫れを緩和するため、レントゲン写真などの口腔内データを基にシミュレーションを行い、スムーズな抜歯を心がけております。

ドライソケット等の防止対策

ドライソケット

親知らず抜歯後は、抜歯した部分にかさぶたが形成されなかったり、途中で剥がれてしまったりすることにより、激しい痛みを伴うドライソケットや細菌感染のリスクが高くなります。そのようなトラブルを防止するため、抜歯した部分にコラーゲンを充填する処置や抗生物質の処方なども行っております。

横浜市鶴見で痛みを抑えた親知らずの抜歯をご希望の方へ

痛みを抑えた親知らずの抜歯

鶴見あさがお歯科では、親知らずの状態を見極め、抜歯・保存について適切な診断を心がけております。抜歯となった場合も患者さまが不安なく処置を受けられるよう、様々な対策を行い、痛みやリスクの軽減に努めております。横浜市鶴見で痛みを抑えた親知らずの抜歯をご希望の方は、ぜひ当院までお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る