痛みに配慮した歯科治療|鶴見の歯医者|鶴見あさがお歯科

  • キッズコーナー完備
  • 駐車場・駐輪場あり
  • 車イス・ベビーカーでの通院・土足OK
  • 横浜市歯科医師会会員/鶴見区歯科医師会会員

診療時間

24hネット予約

  • 訪問歯科診療も随時受け付けております
  • 045-642-8378
  • 横浜市鶴見区中央3丁目15-30 LICOPA鶴見2F

痛みに配慮した歯科治療

鶴見あさがお歯科では痛みを抑えた歯科治療を心がけております

痛みを抑えた歯科治療

鶴見あさがお歯科では、患者さまに快適な歯科治療を受けていただけるよう、処置に伴う痛みの緩和に努めております。歯科治療は「痛い・怖い」というイメージを抱いている方も多いと思いますが、近年では医療の進歩により、極力痛みを抑えた治療も可能となっております。

麻酔注射の痛みを軽減するための取り組み

痛みを伴う麻酔注射は歯科治療の中でも苦手な方が多い処置だと思います。特にお子さまは「注射」という言葉だけでも、不安な気持ちになるのではないでしょうか。しかし、当院では下記の取り組みによって、限りなく痛みを抑えた麻酔注射を実施しておりますので、お子さまはもちろん、痛みに敏感な方も不安なく治療を受けていただけます。

事前に表面麻酔を実施

表面麻酔

麻酔注射を行う際は、事前に歯茎に塗布するタイプの表面麻酔を施します。歯茎の感覚が麻痺するため、注射針がささる際の痛みが緩和されます。表面麻酔自体には痛みはありませんので、ご安心ください。

超極細の注射針を使用

注射針

麻酔注射の痛みを抑えるためには、使用する注射針の太さも重要です。当然、注射針が太ければ、その分痛みは大きくなり、細ければ小さくなります。そのため当院では、33Gという超極細針を採用し、できる限り痛みを抑えるように努めています。

歯科医師の麻酔技術

麻酔技術

麻酔注射の痛みを軽減するためには、歯科医師の麻酔技術も重要となります。痛みを感じにくい部分から麻酔を行い、少しずつ範囲を拡げたり、患者さまが麻酔から気がそれた際に針を打ったりなど、様々な工夫をこらしております。

不安や緊張感の緩和

緊張感の緩和

不安や緊張感が強い場合は、麻酔の効き目が弱まったり、痛みを感じやすくなったりします。そのため当院では、患者さまとコミュニケーションをしっかり取り、不安や緊張感の緩和を心がけております。

歯科治療時での心身的負担を緩和するための取り組み

鶴見あさがお歯科では、上記の麻酔注射の痛みの緩和はもちろん、下記の取り組みによって、歯を削る際の痛みや精神的負担の緩和にも努めております。

拡大視野下での切削

拡大視野

治療の際は、歯科拡大鏡を駆使した拡大視野の下で精密な切削を心がけております。細部の状態を目で確認できるため、無駄な切削が抑えられ、処置に伴う痛みの軽減が期待できます。

5倍速コントラの使用

5倍速コントラ

当院では通常よりも5倍速く回転するタービン(ドリル)を採用しております。高速回転によって、使用時の振動や音が抑えられるため、精度の高い切削が可能となり、痛みを緩和することができます。

静脈内鎮静法にも対応

静脈内鎮静法

インプラントなどの外科処置の際は、緊張や恐怖心が強くなり、体調が悪くなる場合があります。そのような患者さまには、静脈内鎮静法という特殊な麻酔をご提案いたします。うたた寝のような状態で治療を受けられるため、不安や恐怖心などの精神的負担を緩和することができます。

予防歯科診療の推奨

予防歯科診療

歯科治療の痛みを抑える1番の方法は「予防」です。虫歯や歯周病にならなければ、麻酔をしたり、歯を削ったりすることもありません。当院では予防歯科に力を入れ、お口の健康維持に取り組んでおります。

予防歯科・歯科検診ページへ>>

横浜市鶴見で痛みを抑えた歯科治療をご希望の方へ

痛みを抑えた歯科治療

鶴見あさがお歯科では、子供から大人まで不安なく快適な歯科治療を受けていただけるよう、様々な取り組みを行い、処置に伴う痛みの緩和に努めております。横浜市鶴見で痛みを抑えた歯科治療をご希望の方は、ぜひ当院までお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る