なるべく削らない治療|鶴見の歯医者|鶴見あさがお歯科

  • キッズコーナー完備
  • 駐車場・駐輪場あり
  • 車イス・ベビーカーでの通院・土足OK
  • 横浜市歯科医師会会員/鶴見区歯科医師会会員

診療時間

24hネット予約

  • 訪問歯科診療も随時受け付けております
  • 045-642-8378
  • 横浜市鶴見区中央3丁目15-30 LICOPA鶴見2F

なるべく削らない治療

「なるべく削らない治療」を心がけております

なるべく削らない治療

私たちの歯は、一度削ると元に戻ることはありません。ですから、歯の寿命を少しでも長くするためには、なるべく健康な歯質を削らないことが重要となります。鶴見あさがお歯科では、様々な対策や工夫によって、歯の切削量・切削範囲の軽減に努めております。こちらでは、当院が実施するなるべく削らない治療についてご紹介いたします。

う蝕検知液による染め出し

う蝕検知液

う蝕検知液は、虫歯感染歯質に着色する特殊な薬剤です。虫歯感染歯質の染め出しによって健康な歯質との境目を正確に把握できるため、必要最小限の切削で治療を終えることができます。

拡大視野下での精密な処置

拡大視野

治療の際は、視野を拡大できる歯科拡大鏡を使用します。肉眼に比べて、治療部位の状態をしっかりと目で確認することができるため、より精密な処置が可能となり、歯の切削範囲・切削量を抑えることができます。

エキスカベーターでの丁寧な切削

エキスカベーター

虫歯に感染した部分は健康な歯に比べて軟らかくなるため、全ての処置をドリルで行うと、健康な歯質まで削リ過ぎてしまう可能性があります。そのため当院では、最終的な仕上げにはエキスカベーターという手動の切削器具を使用し、虫歯部分のみを丁寧に取り除くようにしています。

極細ドリルで細部の切削

極細ドリル

歯を削る際は、虫歯の大きさや処置の段階によって適切なサイズのドリルを使用します。小さな虫歯や細部の処置では、極細のドリルを使用することでできるだけ健康な歯を削らないよう、努めております。

5倍速コントラの使用

5倍速コントラ

当院では、通常の5倍速く回転する5倍速コントラを採用しております。高速回転することによって振動が抑えられるため、より精度の高い切削が可能となります。また、キーンという音も軽減されるため、より快適な治療が期待できます。

ダイレクトボンディングの実施

ダイレクトボンディング

虫歯を削った後の修復には、歯科用の樹脂を盛って歯の形態を整えるダイレクトボンディング法を心がけています。ダイレクトボンディングは虫歯部分のみを削り、修復することできるため、銀歯やセラミックなどのつめ物に比べて歯の切削量を抑えることができます。また、型取りなどの工程もありませんので、即日で治療が完了することも特徴です。

MTAを駆使した削らない虫歯治療

MTA

MTAは殺菌効果の高い強アルカリ性の歯科セメントです。深い部分に虫歯がある場合には、ある程度虫歯部分を除去した後、MTAセメントにて殺菌することによって、歯をできるだけ削ることなく症状を改善できる可能性があります。

予防歯科診療の啓蒙

予防歯科診療

歯の切削量を抑える方法はいくつもありますが、治療を行う以上は例え僅かであっても健康な歯質は減ってしまいます。ですが、日頃から定期的に検診やクリーニングを受け、お口を健康な状態で維持することができれば、健康な歯を削ることもありません。そのため当院では、予防歯科に力を入れ、虫歯や歯周病の予防に努めております、

予防歯科・歯科検診ページへ>>

横浜市鶴見でできるだけ歯を削らない歯科治療をご希望の方へ

歯を削らない歯科治療

鶴見あさがお歯科では、歯の寿命を少しでも延ばしていただくため、視野の拡大や精密な処置にこだわり、少しでも多く健康な歯質を維持することに努めております。横浜市鶴見にて、できるだけ歯を削らない歯科治療をご希望の方は、ぜひ当院までお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る